キャンセル・返品・返金について




オーダーのキャンセルにつきまして


当社では1度頂いたオーダーのキャンセルやご変更は、トラブルを防ぐためにもお断りさせていただいております。


発送前に頂いたキャンセルやオーダーご変更のご依頼につきましては、一部のキャンセルやご変更をお断りしている商品を除き、 ご対応をさせて頂きますが、その場合、当社より必ず折り返し、キャンセルご確認、ご変更後確認のメールを差し上げております。 メールが届かない場合は、再度のお問合せをお願いする次第です。

当社では、極力迅速な商品送付を心掛けている関係で、発送予定をお知らせするメールで記載されている日付よりも、 発送が早まることがございます。そのため、「発送予定日前なら、オーダーの変更、キャンセルが可能なはず」といった形で ご連絡を頂くことも硬くお断りいたします。


発送後に頂きましたオーダーのキャンセルやご変更、及び当社からの確認のメールを 受け取られていない場合のキャンセルや ご変更にまつわる返品、交換は 全てお客様側の送料負担となりますので、予めご理解をお願い致します。

一度発送された商品はキャンセルしていただくことは出来ません。
商品がお入用でない場合は、返品としてプロセスされます。この場合、返送料はお客様側のご負担となります。

トラブルを防ぐためには、オーダーはくれぐれも、良くお考えの上、キャンセル、変更の無いようにお願いする次第です。 商品についてご不明な点がございましたら、必ずカスタマー・サービスまでお問い合わせをお願い致します。

 

 

商品の返品、交換につきまして


商品の返品・交換は、原則として商品到着後、 5日以内に当社宛てにEメールでお知らせいただいたものに限らせて頂きます。

折り返し当社より商品ご返送に関するメールを差し上げます。
当社がメールを差し上げてから2週間以内にご返送いただけなかった商品につきましては、 一切のご返品、及びお取替えをお断りさせていただきます。 あらかじめご理解をお願いいたします。

この期間にご都合がつかず送付が遅れる場合は、 必ず期間内にカスタマー・サービスまでご連絡いただくようお願いいたします。 ご連絡を頂いた場合に限り、期間を延長させていただきます。

商品のご返送はEMS(国際速達便)のご利用をお願いしています。 当社ではご返送中の商品紛失、損傷につきましては一切の責任を負いかねますので、 トラッキング不可能な手段でのご送付はご遠慮願います。

なお、ご返送品にはオーダー明細または、お名前、住所、Eメール、返品or交換の理由を 明記した用紙を必ず同封するようお願いいたします。これが無いまま、送付中に荷物のラベルが剥がれた場合、 送付人不明でプロセス不能になりますのでご注意下さい。

返送商品が到着次第、当社より受領確認と商品代金ご返金のご連絡を差し上げます。 いかなる返品、交換の場合も、Shipping & Handling Fee(送料、手数料)はご返金の対象にはなりません。

返品、交換のご返送料は、当社のミス、商品の不備があった場合を除き、お客様のご負担となります。


当社の送付ミス、及び商品不備の際につきましては、当社がその返送料を全額負担させていただきます。
なお、商品に不備があった際の交換の場合、当社が往復の送料を負担させていただくのは、オーダーされたものと全く同じ商品とお取替えする場合に 限らせていただいております。別の商品との交換はこの対象となりませんので、ご注意ください。 また、「ネット上で見た商品と色が違う」という理由は商品不備の対象とはなりませんので、予めご了承をお願いいたします。

また当社が送料負担をする場合でも、ご返送の際にお客様側に商品の一部、化粧箱、付属パーツ等の送付漏れが生じた際の 追加の送料を負担する義務はございません。ご返送の際は送付忘れの無いよう、くれぐれもご注意くださるようお願い致します。

当社に送料負担義務が生じた場合、ご返送料は、日本からアメリカへは着払いで荷物を発送することは出来ない関係で、当社に荷物が到着後、 その送料を当社がドル立てでお客様のクレジット・カードのアカウントにご返金させていただくことになります。

なお、以下の場合の返品・交換はお断り致します。

  • 一度ご使用になった商品
  • 当社が送付した際には認められなかった破損、ダメージがある商品
  • 到着後5日以上を経過しても、Eメールで「返品、交換」のご意志をご連絡をいただけなかった商品(到着日は荷物のトラッキングによって到着と記録された日となります。)
  • お客様がご使用前に加えられたり、独自にお直しされた商品。
  • 当社からご返品をお断りしている商品


商品を返品頂くと、その往復の送料を負担頂かなければいけない上に、 関税を支払われた場合、それが迅速かつ確実に税関から払い戻されるという保証はありません。 (関税の払い戻し手続きは、オーダーなさったお客様個人が最寄の税関に対して行って頂かなければなりません。 関税は当社とは無関係に日本で課税されるものなので、当社から払い戻すことはできません。)

オーダーはくれぐれも慎重に、そして商品に関して不明な部分は カスタマー・サービスまでEメールでお問い合わせの上、ご注文下さい。
なお、当社ではいかなる場合も商品の交換は1回までの承りとさせていただいています。 (ただし、不備のある商品を正規の同じ商品と交換される場合は例外が認められる場合があります。)

会計上の混乱を防ぐためにも、2回以上の別の商品との交換を承ることは固くお断わりさせていただきます。 もし1度商品を交換されても、商品がお気に召さない場合は、ご返品の請求をして頂くようお願い致します。

 

ご返金につきまして


商品をご返品頂きました場合、商品代金の返金は、お支払いいただいた方法と同じ方法でさせていただきます。


したがってクレジット・カードでお支払いのお客様にはクレジット・カードのアカウントにご返金させていただくことになります。 銀行口座への振込みや、カードでお支払いいただいた金額を為替でお返しするといったことは一切お受けできません。

なお、当社はアメリカで設立されたアメリカ企業ですので、全て金銭授受はドル立てで行なわなければなりません。
いかなる理由がありましても、当社に日本円でお支払いを頂いたり、当社から日本円でのご返金することは出来ませんので、固くこれをお断わりさせていただきます。

これは日本のお店でお買い物をされて、ドルで支払ったり、ドル立てでの返金を請求することが出来ないのと同様ですので、 ご理解をお願いいたします。


送料のご返金につきまして



お客様のご都合で商品をご返品、もしくは交換をご希望となる場合は、 商品返送料をご返金することは出来ません。返品の場合のご返送料、交換の場合の往復の送料は お客様のご負担となります。
商品返送料、及び再送料を当社が負担するのは、以下の場合になります。

  • 当社からお送りした商品に不備があった場合
  • 当社から誤った商品、もしくは誤った数量をお送りした場合
  • 送付中のトラブルで商品が破損してしまった場合

なお、日本を始めとするアメリカ国外からのご返送は、必ずEMSをお使いいただくようお願いしております。
UPS、フェデラル・エクスプレス、DHLといった送料が高額な送付会社をお使いの場合、当社では ご返送の理由に関わらず その送料をカバーすることをご遠慮させていただいております。 どうしても個人のご都合でこれらの送付会社をお使いの場合は、その荷物の重さに対応するEMSの送料をご返金させていただくことになります。 予めご了承をお願い致します。

(例えば中東諸国から当社にUPSで荷物をご送付いただいた場合、EMSをお使いの場合30ドルでお送りいただける荷物の送料が180ドル以上になります。 当社から送料としてご返金できるのは、この場合30ドルのみとなります。)

EMS以外の送付会社をお使い頂き、当社の商品受け取りに際して課税が行われるケースが発生した場合、その取り消しの手続きをするのに非常に時間と 手間が掛かる場合がございます。取り消しが不可能な場合は、受け取りを拒否させて頂き、荷物を送付しなおして頂くケースがございますので、 関税書類の記載には十分ご注意ください。

当社からお客様へ 商品を発送する段階でチャージさせて頂きました Shipping & Handling Fee につきましては、 お客様が商品を受け取られた限りは、これをご返金することは出来ません。

Shipping & Handling Feeは、お客様から受けたご購入のご依頼に対して、 当社が行なうオーダー・プロセス、梱包、発送という行為に対する手数料とその送料です。 ですからお客様が商品を受け取られた以上は、その支払い義務はお客様側に存在します。
万一、商品に問題があった場合、当社側の責任として、お客様側に問題の無い正規の商品を、 お客様に追加の金銭的負担をお掛けすることなく、迅速に送り届けさせて頂くことはお約束いたします。

しかしながら、お送りした商品の不備が原因でご返品頂くことになった場合、ご返送料につきましては当社負担とさせて頂きますが、 当社からお送りした際の Shipping & Handling Fee をお返しすることは、上記の理由で通信販売の世界では行なわれておりませんし、 当社でも固くお断りさせて頂いていますので、ご了承ください。

カード請求、払い戻し請求について

当社からのクレジット・カードのチャージへのご質問、受け取られたクレジット・カードの明細へのご質問は、カード会社ではなく、 まずCUBE New YorkにEメールにてお問い合わせ頂くようお願いいたします。

万一、当社のミスで誤ったチャージがおこなわれている場合は、直ぐに訂正を行います。
しかしながら、もしお問い合わせがお客様側の勘違いや、単にお買い物をされたことをお忘れになったという場合、当社にご連絡を頂いた場合は、 オーダーの記録等を用いてチャージについてご説明させて頂きますが、もし、カード会社にお問い合わせになって、「支払い戻し」を請求された場合、 これが正当なチャージであることを立証するために、当社は、オーダー記録、送付記録を始めとする、数ページに及ぶ書類の提出とフォームへの記入を要求されることとなり、 この作業には、会計担当の人間が最低2時間がかりの作業となります。

このため、当社が行った正当なチャージに対して、お客様が誤って「支払い戻し請求」をカード会社に申し立てられた場合は、 書類作成手数料として30ドルをチャージさせていただきます。

カード会社にチャージの内容を訪ねるだけのケースであれば、書類提出の義務は当社に発生いたしませんので、このフィーがチャージされることはございません。 ですが、誤って「支払い戻し」をご請求になると、その後、お客様がミスに気付かれて、カード会社にその取り消しをされても、 当社には書類の提出が義務付けられますので、その際は当社がその作成に掛かった手数料をチャージさせていただくことになります。

こうした手数料チャージを避けるためにも、ご記憶にないお買い物や、請求に関するご不明な点は、まず当社にお問い合わせ頂くようお願い致します。